美肌作りは温泉で美白は点滴やハイドロキノンでケア

古くから美肌の湯と言われる温泉があります。
実際、温泉には本当に美肌の効果があるのでしょうか。

例えば、日本で最もポピュラーな温泉、硫黄泉の場合はデトックス作用や角質除去の効果があると言われています。
不要な老廃物を体外へと排出し、古い角質も取り除いてくれる為、湯上りはツルツルとした美肌になるのです。

この他にも炭酸水素塩泉には、保湿効果があり肌に潤いを感じます。
このように温泉の泉質によって、美肌効果には違いがあるので、色々な温泉に入ってお気に入りの泉質を見つけるのも良いでしょう。

ただ、温泉はあくまで美肌作りをサポートしてくれる存在です。
今感じている肌トラブルを、確実に解消する効果は必ずしも期待できません。

特に女性に悩む方が多い、シミの場合はやはり美容皮膚科などでの、美容医療が解消効果は高いと言えます。

シミ治療には色々な種類があり、美白点滴もその1つです。
美白点滴はビタミンCやプラセンタエキスといった、美白作用のある成分を直接血管内に取り入れる事で、よりシミの改善を促す治療法です。
ある程度、施術の回数を重ねる事で、美白点滴でシミが薄くなった、肌が明るくなったと感じる方が多いと言われています。
美白効果に優れた治療ではありますが、注射針を刺す為、傷みが苦手という方は治療に対して消極的になってしまいがちです。

痛みが苦手という場合は、ハイドロキノンという外用薬でのシミ治療を検討してみましょう。
ハイドロキノンはシミの元となる、メラニン色素自体を薄くする成分です。
ですので、今あるシミを消したいという方に、ハイドロキノン外用薬はお勧めとなっています。

また、外用薬をシミ部分に塗るだけですので、注射はしたくないという方にもピッタリです。