美肌の秘訣は潤いと透明感をつくるハイドロキノンで!

透き通るような透明感あふれる美しい素肌は、女性にとって永遠の憧れだといえるのではないでしょうか。各化粧品メーカーから毎シーズン、新しいシリーズが投入され、画期的な成分も開発され続けています。様々な研究を重ねられてきた優秀な成分のひとつであるハイドロキノンをご存知でしょうか。これは美白成分として医学的に効果効能が認められた数少ない物質です。紫外線などから肌を守るためにメラニンが生成されるのですが、これがシミなどの原因になることが知られ、ハイドロキノンはそれを抑制します。
この抑制効果は非常に高く、厚生労働省の許可がやっと下りたというのが実情です。それまでは個人輸入などで海外から取り寄せたりする人も多く、入手は困難でした。それはなぜかというと美白漂白剤として高い効果がある分、劇薬指定成分だったというわけです。これはすなわち、副作用の危険性も同じように高いということになります。そのため安易な使用は避けるべきで、最初は少量から様子を見ながらというのは鉄則です。ハイドロキノンは濃度が高くなるほど肌内部に入りやすく、炎症を起こしやすくなります。
ただし化粧品や医薬部外品の場合には、配合限度が4%以下と決められており、そこまで神経質になる必要もあまりありません。とはいえやはり慎重に使うべきで、特に肌の弱い人や敏感肌の人は夜だけの使用にするなど、工夫も大切です。美肌の秘訣は潤いであり、漂白したような白さではありません。ハイドロキノンをつける時は紫外線対策をしっかりしなくてはいけないため、最初は濃度の低い配合化粧品で様子を見ながら慣らしていくべきです。シミ対策で濃度の濃い5%や10%のものなどを使用する際には皮膚科の診察を受け、適切な指示のもとに使うようにしましょう。